家族にバレずにお金を借りるための注意点3つ

お金を借りる時に思うのは、こっそりと誰にもバレずにお金を借りたいということではないでしょうか。
特に一緒に住んでいる家族にバレずにお金を借りたい人は多いはずです。周りの人に迷惑を掛けたくないからと、誰にも相談せずに借りる方もいます。では、どのような方法をとれば家族に知られることなく、カードローンでお金を借りることが出来るのでしょうか?
 

家族にバレずにお金借りる
 
お金を借りることが家族にバレてしまう一番の原因は、自宅への連絡です。申込み時や返済の遅延時に連絡が来るのですが、どのようにすればこの連絡を回避できるのかお話ししたいと思います。
 

自宅への連絡で家族にバレるのを防ぐ方法

自宅に電話がかかってきてお金を借りていることがバレてしまうというようなことは避けたいですよね。そうならないために、自宅連絡を避けて旦那や家族にバレずにお金を借りたいならどうしたらよいでしょうか。
 

自宅の電話番号を登録しない

まずは登録する電話を自宅電話ではなく自分の携帯電話にした方がいいでしょう。さらに自宅には極力電話をかけないで、とキャッシング会社に念を押しておくとよいでしょう。
 

郵便物が自宅に届かないように注意する

また、郵便物に関しては会社名が入って送られてくることはまずありません。しかし、差出人なしという郵便物も不審に思われがちです。では怪しまれずにカードや書類を手に入れるにはどうすればよいでしょうか。

 

まず、カードの受け取りなどは店頭窓口か自動契約機で受け取り可能です。わざわざ取りに行くのは手間ですが、自宅で受け取らずに済む方法です。次に利用明細の郵送はストップしてホームページ上で確認することにしましょう。そして何より返済の遅延をしてはいけません。遅延してしまうと電話か郵送で必ず連絡が来る、ということをお忘れなく。

 

×
登録電話番号携帯電話自宅電話
郵便物WEB確認などで減らす自宅郵送
カード受け取り店頭窓口、自動契約機郵送

 

お金を借りたことが家族にバレる原因

家族にバレることなくお金を借りることができても安心するのは早いです。
お金を借りたら返済が終わるまで家族にバレないように注意が必要。お金を借りたことがバレる原因で多いのが以下の3つです。
 

カードローン用のカードでバレる

「必要なときすぐに借りれるように」と、カードローン用のカードを財布に入れっぱなしの人も多いです。しかし、家族と同居していると財布の中を見られる機会は意外と多いもの。
 
銀行カードローンでキャッシュカード兼用のものならまだしも、消費者金融などのローン専用カードを家族に見つかったらすぐにバレてしまいます。対策としてカード発行不要のローンを選ぶか、家族に見つからない場所でカードを管理するようにしましょう。
 

通帳の履歴でバレる

口座への振込融資や、返済を銀行口座からの引き落としにした場合、銀行口座の通帳に履歴が残ってしまいます。
 
通帳にローン会社の社名が記載されることがなくても、まとまった金額の入金や、返済による定期的な返済を行った履歴は記載されてしまいます。
 
家族にバレないことを第一に考えるなら銀行口座を使わないのがベストですが、利用するなら通帳がないネットバンクを利用するようにしましょう。
 

ATMの利用明細でバレる

カードローンはコンビニなどの提携ATMが利用できるものが多いですが、注意したいのがATM利用時に発行される利用明細です。
 
借入れや返済を行ったときは金額とともに「出金(借入)」、「入金(返済」と記載されるため、家族に見られるとお金を借りていることが一発でバレてしまいます。
ATMの利用明細は内容を確認したらその場で破棄し、証拠が残らないように注意しましょう。
 
 

こちらの記事もご覧ください

通常のキャッシングの必要書類や借入れの流れはコチラ⇒消費者金融のお金の借り方